Electric Ducted Fan


電動ダクト ”七転び八起き”    99/1/12


99/1/12
みなさん明けましておめどとうございます。
この不景気のなかお正月はどこへもいかずにシコシコと4月の尾島に向けていろんな物製作してるんでしょうね!
私は再びアストロ020モータと格闘しています。相変わらずバッテリーをつないだ途端になんの反応もないのであの"悪夢”がよみがえってきましたが、なんのことはない”送信機”が壊れていただけで(通販で送信機のみ購入し)現在推力測定中です。
さてここのところ円高で海外製品を買うには絶好の時期ですがいかがでしょうか?(輸出に頼っている日本企業は大変!?ですが)
個人で輸入する場合は商品の価格自体も気になりますが、実際には送料と関税、地方消費税などが加わりますので商品価格の約1.5倍ぐらいになります。これはクレジットカードを利用した場合ですが、銀行送金となるとさらに国内の銀行と先方の銀行での手数料が加わりますのでさらにたかくなります。(先方の銀行が入金したことを当人に通知するサービスの手数料)ですからあながち輸入商品を扱っているショップの値段はおおむね妥当な価格が設定されていると見て良いでしょう(特に個人輸入と会社が販売目的で輸入する場合はさらに違ってきます 個人の場合は抜き打ちで課税される)
商品は通常の郵便(UPSやEMS)を利用すると大体2週間程度で手元に届きます。急ぐ場合はフェデラルエキスプレス等を利用することになりますが送料が倍以上かかりますし関税も100%かかります(ただしアメリカなら4日ほどで届きます)
というわけで、次回購入予定がきまりましたら注文を募って代表して輸入し実費プラス手数料程度でしようかと思っています。
ただしあくまでも普及目的で、代金回収に際して善意の理解、協力が必要です。最近インターネット関連でいかがわしい取引をして問題になっていますので軽はずみな発言は避けたいところですが、私自身が欲しいもの1個に数々の経費をとられるのはもったいないのでついでに頼んでよ なんてノリでお声をかけていただければ結構です。近々”発注するぞ! ”リストなど載せようかな  ではごきげんよう。

98/12/29

あっという間に一年が過ぎようとしています。去年の年末は超いそがしかった。年をとると1年があっという間に過ぎてしまいすね
EDFにのめりこんで半年 私のへそくりは底をつき、わたしの部屋は足の踏み場も無い!
来年はEDF普及元年として日常的に飛ばせる機体(RCのひとつのジャンルとして)作りにがんばる!
98/12/06
セスナサイテーションが永眠しました。しかしこんなにさわやかなのはなぜ?それはすばらしい結果を得ることができたからである。
(墜落の詳細はフライトログを参照して)
私はやっと長いトンネルを抜けたような気分でいます。推力比0.6のEDFがどんな飛びをするかを体験してしまった。
次のプランは 同じサーテーションを主翼、尾翼をバルサリブ組でさらに軽量化し、主翼は少し厚翼にし脚が収納できるようにすること
バッテリーは1000SCRから1250SCR程度(軽量化しだい)でサーボ、受信機をさらに小型化し(ただしエルロンは2サーボ)
ファンローターをAP-1カットダウンバージョンに変更し目標重量1500g、推力900gを目指してがんばります。

ブラシモータでツイン、ブラシレスモータでシングル! これが一番?!(今のところ)



 
 
AVEOX 1114/4Y  調整中 続き  98/10/30
作業に備えスタミナをつけねばと、会社帰りにベトコンラーメンとげそからとビール1本を片付ける。
では、作業開始。夕べの続きで
まず、10セル800ARバッテリで再度推力測定、充電直後で450gを表示。
引き続き前回アストロ050用に10セルを8セルにした残りの2セルで12セルパックを1本作成
早速充電してテスト。
さて、どれだけ増えたでしょうか? 答えのわかった人はメールください。
正解は560g、24Aでした。
とりあえずこれで(10セルと12セル)で機体にのせて飛ばしてみることにします.
秋の大会に参加された植田氏が氏のUSAの友人でF86を上手に飛ばしておられる方を紹介していただけるとのこと。
楽しみにしています。
埼玉の渡辺さんがEDF普及協会の正会員になりました。(わーい 仲間が増えた!)
渡辺さんは540でEDFを自作されているそうです。早くデジカメ買って(ボーナス払い!)見せてね!
ところで、最近はパワーばかりに頼ってばかりいましたがそこそこのパワーで飛ばせる機体製作の方も考えないと
いけないなー  などと感じています。(電動やるならあたえりまえ)
見栄えの良い機体がベストですが、方針を変えて
ファンユニット、モーター、吸気、排気効率などを考えた実験機なんかを作ろうかなと...
機体のダクト内にメカ室をつけないですむような機体とか?
A7コルセアあたりに目を付けているのですが、おもちやさんのプラモコーナーにおいてないのよねー...

AVEOX 1114/4Y  調整中   98/10/29
やっと届いたモータを調整してるのですが、なにぶん電気の知識が乏しいので悪戦苦闘しています。
出荷時のまま、10セル800ARバッテリーをつないで推力測定をしました。
30A  推力320g  ”なんでやー” と叫ぶ!
よくよく英文マニュアルを読むと”通常のブラシモータのように進角調整してください”とあり指示のとおりエンドベルをはずすべく
ローターシャフトのEリングをはずし、ラベルシールをめくると なんと”ぽろっ”とエンドベルがとれちゃった!
”シールだけでとめてあんのか これっ!?” はいそうです
元の位置のしるしを付けるまもなくはずれてしまい、途方にくれる私。
アストロモータのことを思えばなんのその! ずれたものはしかたがない 
”ずれたなら、合わせて見せようブラシレス”  というわけで適当な位置ににセットしなおして電流計とにらめっこ開始。
2mmほど時計方向に回しフルパワーで 17A、420gの推力。  またしても”なんだこりゃー” と叫ぶ。
今度は反対方向にずらして   35A、420gの推力。        今度は ”熱いー” と叫ぶ とっととスルットルをカット。
さらに繰り返すこと数回、結局最初の位置が一番よかったのかな?
あいかわらず振動がでないので、排気、吸気のシュー  という音だけが部屋に響く。すばらしい!
あとのことは飯島先生と黒澤先生にアドバイスをうけることにしよう!  
もう一度読み返すと1114以外はビスで止めてあるようなことが書いてありました。
  


 
98/10/19
さしくR/Cから離れ、再開したとたん電動ダクトにはまってしまい、散財を繰り返している今日このごろです。しかーし! なかなか思うように進まず趣味の世界でストレスをため、仕事にも悪影響を及ぼしそうな...。
写真ばかりならべて表示が遅いとお嘆きの方がいらっしゃいましたらお詫び申し上げます。(なにせ自分自身のメモ帳がわりに使っているので)
さて、最近いろいろな製品をテストして感じたことや海外商品を買いまくって感じたことなどまとめてみました。
大方の商品はドイツ製?
電動ダクトを構成するパーツ、ユニット類はほとんどがドイツ製品です。
私はMINIFAN480しか使っていませんがダクトユニットはWeMoTec社(ベモテックと発音するらしい)
モーターはブラシモーターでグラウプナーのSPEED480RACEBB(前後ベアリング付きでAP29BBと同じ)
コントローラは言わずとしれたシュルツエのSlimシリーズ。
キットは、グラウプナー(480クラスは無い)、グロックナー、オフショアーモデルなどがあります。KYOSHOのT33Aも有り?
個人輸入
とりえず、自作しようにも知識がないので”キットでも買って挑戦するべ”というわけでドイツのメーカーにコンタクトしようと試みましたがエンドユーザに直販してくれると言ってきたのはグロックナーだけだった(他はSHOPで買えるとのこと)、しかしこのメーカーはクレジットカードでの販売は出来ない(正確には、まだ出来ないと言ってたので将来は可能になるかも)とのことで面倒ですが外国送金(先に振り込んで、先方が入金を確認したら商品を発送する手順)で依頼をしました。
外国送金といっても国内での振り込みと全く同じで、先方の振込先の銀行、支店名と口座番号を聞いてそこへ振り込むだけです(これには銀行の外為へ行き、外国へ送金したいと言えばやってくれます)
ここで感じたことは、ドイツの人は日本人とよく似ており、E-Mailひとつとっても実に丁寧な内容で返事を頂けるし、商品がついたかどうかも心配してくれてすごくいい印象がありました。
(当時、いろいろな人に助けてもらって(苦手な英文)感謝しております)
これで機体やFANユニット、モータを入手(コントローラは国内で入手できます)
ある日、インターネット上で電動ダクトに関する記事を検索中にアメリカのEJEST.COMを見つけました。
ここには各種のキット(オフショアーモデルが多い)や各種パーツを扱っておりしかもクレジットカードが利用できる。(これはごひいきにさしてもらいまひょ)
AXEOXのブラシレスモータやアストロのブラシレスモータもここから購入しました。当時は1ドル140円した時で非常に高くつきましたが、クレジットカードで購入できる便利さにはかないません。
こちらはどうもマニアが講じて電動ダクトショップをはじめたような店で、結構色々な雑誌やWEB上でありがたい記事を書いておられるようです。ツインのA10(アエロノートのキット)がとてもすばらしいので一度のぞいてみてね。
アストロブラシレスの件
アストロ050Pを買って、一度も空を飛ぶこと無くコントローラが火を噴いて修理にだしました。
10N800ARとMINIFAN480で、ファンブレードのバランスを取ろうとしていてたったの1コマスティックをあげただけで(2Aしか流れていない)FETが融けておちよった、これは欠陥とちゃうんかい?
気を取り直して送り返すと、修理に3ヶ月以上かかるとの返事。
(たった10秒しかまわしていないのに3ヶ月はあんまりだ!)
結局、アストロに送り返したのでは3ヶ月は免れないので、”とにかくなんとかして”を押しとうす。
さんざんそんなメールのやりとりをしたあげく”AXEOXのL130コントローラならそのまま050に取り付けられるのでそうしよか?”のメールがあり早速そうしてまらうことで決着しました。
”そんなことは早く言ってくれ”
めでたく050は修理依頼後1ヶ月で手元に届くことになりました。
しかーし、先ほどロバートからメールが
”他に注文もらってたやつといっしょに送りますと言ったけど5日ほどかかるそうなので、モーターだけ別便で先におりましょか?だって早くほしいいんでしょ フェデックスに電話しないといけないので返事ちょうだい”
”わかってんならとっとと送ってくれー”と返事をしたのは言うまでもありません。
アメリカ人は親切なのか、ボケてるのかようわからん!このてんまつで往復の送料と交換してもらったL130コントローラのお金を取られて高いAstro050になってしまった。
ついでに”ASTRO050は10セル800ARは無理!、8セル800ARでやってね”だって
だって君のホームページに800AR10セルで”グレートパフォーマンス”て書いてあったから注文したのに! うそつき!
最後に”ブラシレスは扱いが繊細だけど一度マスターすればたのしい電動ダクトの世界が広がる”だって。ロバートのバカ! グス (涙ぐむ私)
KYOSHO T33Aシューティングスター
この機体の広告を見た瞬間 ”これだ”とばかりに購入。いちおうショップで”これって本当に飛ぶ?”
店員:”さあー ?! 無理とちゃいますか?”
私:  ”これください”
このキットからわたしははまってしまったのです。
キットの指示のとおりに作ってフライト。”飛んだ”  終わり
モットパワーを−−−>アサミで延長シャフトと02Hに交換し再フライト  ”飛んだ”... 終わり
”たいしてかわらへんやんか” 7セルパックから8セルに改造。再フライト  ”飛んだ”...
”ダイブなしでの宙返りはどこいったんじゃ!”結局MINIFAN480とSPEED480BBに交換して順調に飛んでます(でもループはできないけど)
あまり気にしないでローパスする姿だけ楽しんでいます。
推力は計っていませんが(ファン単体で420g)10N800ARで、きっかり3分遊んでいます。
ブラシからほんのちょっと火花がでる程度(部屋の電気を消してやっと確認できるほど)
飯島さんに聞いた極秘情報では KYOSHOからF16がでるらしい
また買うの?:   もちろん
”秋の電動飛行機の集い” 98/10/25
いってきましたよ、名古屋から中央道をひた走り5時間。
金曜日に届いたASTRO050をF86に乗せ換えて
苦労しましたよあのモータには。結局8セル800ARでの挑戦でしたが推力は500g強程度どまりでがっくり!
セル数を増やすわけにはいかずこれからどうしたものかと悩んでいます。
修理で重量が予定より増えてしまい2セル減った分軽くなる計算が成り立たずあのF86はこれまでか?!
コスモテックの渡辺社長とも色々とお話してきました。シュルツエでもブラシレス用のコントローラを製造しており
使用用途を聞かせてくれれば探しますとのことでした。でもコントロニクスのモータを握りしめての説明だったので
本当はどうでしょうね! 彼は日中は本業に精をだし 夜はコスモテック製品の受注、発送に追われているとのことで
大変そうでした。”西日本事業部として私に協力させてください”なんて言っておきました。
AVEOXモータも届いたので、T33に乗せて当日持っていこうとしましたがこちらは作業時間が足らず...
すべての配線をすましてコントローラの調整もできているので、来週にでも挑戦するべ
AVEOX1114・4Yモータは146g、コントローラ60g、モータへの電源コード3本、センサーへ5本、と結構重たいので
T33ぐらいの大きさの機体じゃないとだめかもね
こうご期待!