Jepe A-10


Page2 (ギヤー周り)

やっとこさSpringAir社のリトラクト(R600)が入荷しましたので早速作業を開始。
2002年1月掲載

主翼は中央部、翼端部(左右)の3枚セパレートされていますので、中央部にメインギヤを取り付けます。
中央部のみアベチ張り+マイクログラスになっていますがエルロンコード+エアーチューブ用の穴空けで弱くなりますので開口部にはカーボンで補強
左右主翼の接合部端面(写真右手方向)にもカーボンが貼ってあります

ギヤマウントは3mmベニアを3枚積層したもの

完全に収納してロックはされません。
ノーズをコックピット側から。

ガトリングガンが中央部につく為、ノーズは左側にOFFSETして取り付けられています(実機)
当然 再現します!!

胴枠2枚は3mmベニヤ
黒いテープはカーボンで内部を補強しました。
ノーズギヤを下から見た。

左側にオフセットされています
ギヤドア-はいまのところ考えていません
飛んでから考えます


ノーズ、メイン共に機首方向に向かって収納されます
主翼端面の黒いところはカーボンで補強してメインギヤ取付部周りの強度を確保。

白いカバーが付きますがメンテ用に取り外せるようにします。

脚のシャフトがやたら細く見えますね
なんとかしなくちゃ!

A-10のトップへ戻る