2002年 秋 JFSA スケールモデルフェスティバル 


開催日: 2002年10月20日(日)
場所:三重県伊勢市 三重県営サンアリーナ 特設会場
    注) 通常、RC機を飛行できるエリアではありませんのでご注意ください
前日の土曜日から悪天候が予想され、(最近の天気予報はよく当たりますからね)案の定土曜日の夕方から名古屋方面はしとしとと雨模様。「これで明日はあかんかも」と思いつつも、マンション住まいの私は、荷物の積込みにエレベータで何往復もしないといけないので、覚悟の上で雨の中荷物を積込みました。準備万端! 天気予報をチェックしますと午前中の三重県方面の降水確率70%!
あかんかも....それでもカーナビに目的地をセットして、現地まで2時間弱の表示がでましたので8時現着予定として6時出発で、土曜日は早めに就寝しました。
当日の朝5時。 早速玄関あけて表にでると雨は降っていません しかも駐車場のアスファルトが乾いていますので昨夜のうちに雨は上がっていた模様。さっそく出発です こうなると俄然元気がでてきますね
でもこの天候で出発するのは勇気がいりますね(笑)

現地には7時45分ごろ到着、すでに本部の設営も終わり、受付開始。
「今は雨もあがっていますが、なるべく早く開始して早々に終了しようと思っていますのでご協力を」ってアナウンスで順次飛行開始
3人がかりで組立中の
クリスティンイーグル
100ccのガソリン仕様で
とっても大きな音で飛んで行きました。

しかしデカイっ!
これを自宅で作れる訳でしょ
どんなお屋敷にお住まいなでしょうね〜 つい下世話をことをおもってしまいます
どでか!
デカスロンです
穴があくまで見てきました(笑)
しかしでかすぎ〜

フライトは実に実機らしく優雅に飛行してました
結構フライト回数が多いらしく
慣れた感じでした
こんなでかいモノを週末にとばせる場所があるんでしょうか?
うらやまし〜
パイロットは少し小さいですか?
エンジンも水平対向エンジンが搭載されており
カウルから覗くとシリンダーが見えます
ベルテック製
星形7気筒エンジン
博物館の展示用のダミーで
始動はできません
50馬力
フォッケウルフでしたっけ?

25クラスの小型モデルでしたが細部までよく作り込まれていました
脚も外側に収納されます

しかし向こう側にOSエンジンのヘッドが見えてます

電動にしましょう!

Next-->

思い起せば3年ほど前に、電動ダクトだけ持って参加したことがあります、珍しさもあって運良く某老舗雑誌に写真が掲載されてから、その気になって普及活動に励んでおります(笑)。
今回は、「電動=小型」のイメージを払拭してもらい、河川敷の飛行クラブでも大型電動モデルを早朝からでも「静かに」飛ばしてもらってさらなる普及にツナゲタイ という一大目的で参加しました。(チト大げさか?)
翼幅2030mm、翼面積66du、全備6600gの機体がゆったり、静かに飛行できれば大方のモデルの電動化が可能になります。
しかも今回参加したライアンSTAはエンジン仕様の完成機なので特別に電動用に特化したものでもありません。
さらに排気マフラーや、シリンダーヘッドの処理など一切心配ありませんので、機首の細いモデルには最適なパワーソースだと考えます。今後はそのあたりも含めて 「電動だから再現できるスケール」 を目指してみようかとたくらんでおります。

コスト
今回の32セル2400mAhは、1セル600円でしたので(自分でパックしました) 600円x32=19,200円
シュリンクチューブや4mmコードを含めても32セル/1パックが約20,000円
ニッカドの寿命から約200回利用できたら、1フライトあたり100円
このクラスだと4St120から140サイズですので燃料タンクは400ccから500ccぐらいは装備しますよね
20%の4L缶で3500円ぐらいでしょうか? 400ccで10フライト、350円/1フライト
しかも飛行後の清掃に洗浄用アルコールや脱脂スプレーなどを利用するとさらに...
よくエンジン屋さんから「高価な充電器がいるんでしょ」なんて聞かれますが、フルオートで充電できる便利な充電器(放電機能つき)で4年前に日本円で40,000円ほどでした。一見高価に見えますが、国産の充電器(10セルぐらいまでしかできない)と別売の放電器を買うともっと高価でしたよ! というわけで充電器も4年なら月に1,000円程度です
さらに、「モータ、スピードコントローラも高いでしょ」 確かにライアンSTAので60,000円ほどしますが、YSの140買うのと比べたら...
飛行時間
「3分しか飛ばないでしょ」 ウルトラマンじゃあるまいし(笑) 
スケール機は離陸してしまえば、「スケールらしく」飛びます したがって余計なパワーは不要なので上空へ行ってしまえばパワーを絞ります。上空ではさらに効率がよくなりますからペラの回転数が80%巡航状態で消費電流は約半分に抑えることができますから、いわゆる「遊覧飛行」ならセッティングや天候(風速)次第で7分〜8分ぐらいは十分飛行できます。
というわけで、「電動プレーンに限界は無い」ということで、次なるステップへ挑戦は続く...(たぶん続く...)

ただし、「エンジンの音」 特に多気筒のエンジン音が大好きだという方がおられるのもわかります。まぁ趣味の世界ですから好きになさったらよろしいわけで...タービンの音はもっと好きなんですよね〜 しびれる〜 って感じ
電動もいいけど 「いつかはタービン」 やりたいね〜。