F-35 Construction report


[2004.7.29] F-35 Construction report [Wing-section]
Page-4

水平尾翼も発泡+バルサプランク

ピアノ線を写真のように90度まげて
発泡に溝をほり接着します
センターと水平を出すためにバルサのジグでピアノ線を保持
完成したらこのように胴体に差し込みホーンでずれないように固定します
もう1個タイヤストッパーで固定します
タイヤストッパーは同梱されています
翼関係はこれで全部プランクできましたので仮組しました
ここまで約18時間くらいでしょうか

インテークダクト周りがやっかいでしたが、勢いで通りすぎましたのでその後は、淡々と貼り付けるだけです。

いまさらですが、センターキールをアルミアングルなど2枚ではさみこんでセンターをきっちりだして製作すると間違いないでしょう
もちろんアルミアングルには胴枠がはまる部分は溝を切っておいてください

[2004/07/29]