F-22 ダクト化


[2004.12.14]
HPIで販売されていた(もう販売中止?)F−22にダクトを積んでみました。
2〜3年前に購入して物置で眠っていたものですが、竹ちゃんがVASA55ファンでお気楽手投げで飛ばしているのを見て、自分もやってみることにしました。当時はニッカドとMF480仕様で改造するつもりでしたが、さすがに無理があって投げ出してましたが、リポとVASA55ファンのおかげでEDF化が可能となりました。

胴体後部をファンが搭載できるように削ります。
缶ビールなどの缶にサンドペーパーを貼り付けて削るときれいに削れます。

ジュースの缶でもOKです
インテーク部も丁寧に削ります。
こちらも角材などにサンドペーパーを貼ってやるとよろしいかと
主翼の接着
胴体表面は軽くサンディングし、さらにスーパーパテなので仕上げてからマイクログラスを貼りました。

グラスでも貼っておかないとすぐに発泡が傷だらけになりますので、是非やっておきましょう

主翼は翼端部のみ貼りました
排気ダクト部
見やすいようにシースルーで仕上げました
裏面はこうなりました

バッテリーは
コカム バイパー3S
もしくはPQ−1500 3S1P
モータ ハッカーB20−15L
ファン VASA55

初期16Aほどとなります。

全備540gほどでできました